ついた染みや場所をブログで検索してみよう!

7月5日にカトちゃんがNHKテレビ出演

とっとこシミ太郎の仲間であるカトちゃん(福島市松川町 川崎クリーニング)が、明日7月5日(火)NHKにテレビ出演する。
午後6時10分から放映する『はまなかあいづ』で、クリーニングの匠の技・シミを落とす修復師というお題目。
カトちゃんは、茨城で開催された年5回の染み抜き講習会に数年間通い続けて、ついに、福島県でただ一人認定された修復師を取得。
修復師という免許は、講習会に行ったから取得できるのではなく、毎日の地道な染み抜きと色修正を、コツコツ積み重ねた結果の賜でしょう。
『はま・なか・あいづ』というより、『浜・中・あづい(暑い)』日が続きそう・・・
7月5日にカトちゃんがNHKテレビ出演 
この人がカトちゃん!

福島中央テレビに出演!

 

福島県内初の京技術修染会認定の『修復師』である加藤行郎(福島:川崎クリーニング)が、2015年3月10日福島中央テレビの『ゴジてれChu!』に出演しました。

 

ポケットについた古く固まったインクを地色(青)が白っぽくなった状態まで染み抜きし、その後、色修正にて見事に復元過程をダイジェスト放映。

 

まさに、福島県内初の『修復師』、ここにありっという感じ(^_^)

 

福島県内初の京技術修染会認定の『修復師』である加藤行郎(福島:川崎クリーニング)がFCTに出演 

 

 

福島民報に『修復師』として掲載!

 

福島県内初の京技術修染会認定の『修復師』である加藤行郎(福島:川崎クリーニング)が、2015年3月4日福島民報に掲載されました(^_^)

 

福島県内初の京技術修染会認定の『修復師』である加藤行郎(福島:川崎クリーニング)が福島民報に掲載 

 

 

 

 

あなたの大切な洋服あきらめるのは早いかも・・・

 

思い出ある洋服を窓際にかけておいたら・・・

 

袖が変色してしまったという洋服も蘇るかもしれません。
京技術修染会認定の『修復師』とその周りにいた人 東京展示会にて 

 

福島県内初の京技術修染会認定の『修復師』である加藤行郎(福島:川崎クリーニング)と共に、色修正を実践・研究してきた阿部光一(喜多方:あべクリーニング)と風間一晃(会津坂下:かざまクリーニング)があなたのお手伝いをできるかも・・・

 

修復師によるバーバリーコート色修正 

 

 

 

もぅ大丈夫なのだ。 僕たちに任せるのだ。

 

(ハム太郎の口調を真似してみました。バカボンのパパじゃないですよ!)


塩素系漂白剤による脱色も色修正

 

ちょっとしたハプニングにより、塩素系漂白剤がついてしまうことも〜
そんな時は、修復師とその愉快な仲間たちの出番です(^_^)
京技術修染会認定の『修復師』と仲間 
元と同じ状態にはなりませんが、60cm離れて違和感があまりないように色修正のお手伝いができるかも・・・

 

京技術修染会認定の『修復師』による色修正
京技術修染会認定の『修復師』による色修正 

 

黄変カビも諦めないで〜

 

バーバリーコートを何年もしまっておいたら・・・
全体に無数の黄変カビがついてしまっても諦めるのはまだ早い!
お湯で漬け込み漂白すると、カビが取れる可能性が非常に高い。
カビだらけのバーバリーもバーリバリーに蘇ります(^_^) 
京技術修染会認定の『修復師』によるバーバリーコート黄変の染み抜き

 

京技術修染会認定の『修復師』によるバーバリーコート黄変の染み抜き    

 

袖日光変色の色修正

 

変色する原因は、日焼けだけでなく、蛍光灯やファンヒーターなどが挙げられます。
デュベティカやモンクレールダウンなども年数を経ると変色する事があります。
京技術修染会認定の『修復師』による袖日光変色の色修正

 

京技術修染会認定の『修復師』による袖日光変色の色修正         

 

『修復師』川崎クリーニングのフェイスブック

まっくろくろじみ出ておいで〜  出ないと目玉をほじくるぞ〜

 


 

更新履歴